ミッション

一般社団法人「子ども安全まちづくりパートナーズ」は、JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)研究領域「犯罪からの子どもの安全」「計画的な防犯まちづくり支援システムの構築」研究プロジェクト(研究代表者:山本俊哉)から、研究の成果を社会還元するための団体として生まれました。「防犯」を基軸にしつつも、交通安全や環境、防災の視点も取り入れ、コミュニティの形成や子どもの地域参加も視野に入れた、総合的に安全・安心なまちづくりを目指しています。


私たちの活動のミッション(使命)は、次の3つです。

守りたいのは子どもの安全


また、「計画的な防犯まちづくり支援システムの構築」研究プロジェクトがどのようなものかについては、JSTホームページでの紹介や、リーダー四人へのインタビュー(PDFファイル)をご覧ください。

このホームページについて

子どもの写真このホームページは子どもがのびのびと育ち、安全で魅力あふれる地域をめざす「子ども安全まちづくり」活動を支援することを目的とし、一般社団法人「子ども安全まちづくりパートナーズ」が運営しています。


私たちの考える「子ども安全まちづくり」と は、子どもを犯罪から守ること(防犯)を入り口に、交通安全やバリアフリー、防災などとの関連も考慮しつつ、子どもの健全育成と地域全体の生活の質の向上 をめざすものです。子どもにやさしいまちづくりは地域全体にやさしくなります。


本ホームページでは、「子ども安全まちづくり」 を進めるための入り口となる「防犯まちづくりのヒントとガイド」、先進的な事例のデータベースを掲載しています。「防犯まちづくりのヒントとガイド」の内容や掲載 する事例は、随時拡充します(この他、さまざまなコンテンツを企画中です)。


「防犯まちづくり ヒントとガイド」には、まちづくり全般の参考になる項目もたくさん含まれており、まちづくり活動に携わる地域住民やPTAの方、まちづくりに関心のある個人、まちづくりを支援する市町村や警察、NPO、コンサルタント、研究者、関連事業者など、まちづくりに携わるさまざまな方を対象としています。

法人概要

一般社団法人 子ども安全まちづくりパートナーズ

設立日 2011年2月9日
E-mail info@kodomo-anzen.org
URL https://kodomo-anzen.org

役員一覧

代表理事 山本俊哉(明治大学理工学部 教授)
理 事
(50音順)
石井洋平(合同会社石井デザイン研究所 代表社員)
狗飼 豊(株式会社博報堂)

小栗幸夫(千葉商科大学政策情報学部 教授)
小畑晴治(一般財団法人日本開発構想研究所理事 研究本部副本部長)
木下 勇(千葉大学大学院園芸学研究科 教授)
小島隆矢(早稲田大学人間科学学術院 准教授)
森脇環帆(子ども安全まちづくりパートナーズ 事務局長)
三矢勝司(NPO法人岡崎まち育てセンター・りた事務局次長)
吉永真理(昭和薬科大学臨床心理学研究室 教授)
若林直子(株式会社生活環境工房あくと)

>>法人案内リーフレットPDFはこちら

会員入会のご案内

子ども安全まちづくりパートナーズの目的に賛同し、入会を希望される方は、下記手順によりお申し込みください。

会費

入会金 年会費
個人会員 4,000円 6,000円
団体会員 10,000円 1口 20,000円

 

お振込先

三菱東京UFJ銀行 本郷支店(店番351)
口座番号 0078628
口座名義 シャダンホウジンコドモアンゼンマチヅクリパートナーズ

 

会員申込書

個人会員入会申込書(PDF:49kb)

団体会員入会申込書(PDF:74kb)

上記リンクよりPDFをダウンロードし、必要事項をご記入・押印のうえ、
スキャンしPDF化したものをtama@kodomo-anzen.org(担当:森脇)宛にE-mailでお送りください。

防犯まちづくりのヒントとガイド