視察・参加報告の詳細

第11回日本市民安全学会東日本大会in浦安にて発表者・コメンテーターとして当団体の山本俊哉が登壇。

第11回日本市民安全学会東日本大会in浦安にて発表者・コメンテーターとして当団体の山本俊哉が登壇しました。

今大会の分科会にて「アジアにおけるセーフコミュニティの多様性」をテーマに山本よりレクチャーがあり、さらにコメンテーターも担当しました。
今大会はNPO浦安防犯ネット創設10周年を記念しまして、浦安にて第11回日本市民安全学会東日本大会が開催されました。

日時 平成26年10月4日(土) 13:00〜17:30
大会名

NPO浦安防犯ネット創設10周年記念大会
第11回日本市民安全学会東日本大会in浦安
こころひとつに未来輝くまちづくり—これからの市民安全と超連携社会のあり方—

主催 こころをひとつに未来輝くまちづくりin浦安実行委員会
NPO防犯ネット・日本市民安全学会
場所 浦安市民プラザWave101
アジアにおけるセーフコミュニティの多様性

「アジアにおけるセーフコミュニティの多様性」と題しまして当団体より山本俊哉が講義を行いました。
セーフコミュニティ認証都市は世界で30カ国以上、300都市以上が認証取得していますが、うち半数以上が中国、台湾、タイ、ベトナム、日本など東アジアであることが説明され、今年5月に釜山で行われたアジア大会などから得た知見から特に韓国と台湾のセーフコミュニティについて話されました。
韓国はセーフコミュニティ認証都市の規模が日本と比べて大きく認証にも時間を要しており、またハード面の取組がわかりやすいことが説明されました。ハード面の取組例として安全公園の設置、防犯カメラの設置やモニター要因の雇用などがあげられました。さらに日本にはない例として釜山市甘川洞文化村が安全対策の資金を観光収入にて得ていることが紹介されました。
台湾は健康と重ね合わせているところが特徴です。内湖地区を例に説明されました。セーフコミュニティの政策を他の事業と絡めながら行っているところがポイントです。
また台湾では大学のセーフスクールの取り組みが行われています。
落下事故防止のための柵にデザイン性を持たせたり、心の健康へも視野を広げているなどの説明がありました。
アジア内でもセーフコミュニティの取組が地域によって多様であり、日本における今後の展開を考えさせられる講演となりました。

(文責:佐藤安澄)

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター