パートナー紹介

大崎 元

所属

一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ 研究員
有限会社 建築工房匠屋 取締役

略歴
1957年大阪府生まれ。名古屋工業大学建築学専攻修士課程修了。西原研究所、界工作舎等を経て有限会社建築工房匠屋共同主宰。住宅設計とともにサポーティブハウジング、婦人保護施設の生活空間改善設計に携わる。「山谷」ふるさとまちづくりの会として居住貧困に起因する路上生活者実態調査、地域調査、施設調査、行政施策評価調査などの研究と設計支援を行っている。また、特定非営利活動法人向島学会理事として向島地域の防災まちづくりや商店街空き店舗対策事業にかかわる。共訳として『まちづくりの新しい理論』『パタンランゲージによる住宅の建設』(いずれも鹿島出版会)他。共著として『成長主義を超えて−大都市はいま−』(日本経済評論社)『現代都市のリデザイン−これからのまちづくり心得』『社会派建築宣言−誰もが人間らしく生きる生活空間の創造』(いずれも東洋書店)『都市計画とまちづくりがわかる本』(彰国社)他。
支援内容(実績)
子どもの安全に関連しては、日本子ども家庭総合研究所『(一時保護所の支援の充実)一時保護所の概要把握と入所児童の実態調査』(2014年)、国立保健医療科学院『DV ・暴力被害のケアと予防に向けた環境整備のあり方に関する研究—婦人保護施設に求められる機能と施設環境基準の検討』(2014年)などの研究支援がある。
まちづくりに関連しては、住まい・まちづくり担い手事業『墨田区向島地域における小規模連鎖型<エリア・リノベーション・サイクル>(循環型地域更新)プログラムの実践に向けた地域内担い手ネットワークの構築と試行、検証』(2010年)他。墨田区『新・商業活性化コラボレーション事業』『商業活性化すみだプログラム』(ともに2013年)など、地域に入ってまちづくり支援活動を協働する。 居住支援に関連しては、ハウシング・ファースト研究会『東京都ホームレス地域生活移行支援事業2004−2009〜自立支援と結合したハウジング・ファースト・アプローチに着目した分析〜』(2013年)他多数の調査研究、設計支援、講義、シンポジウムなどがある。
キーワード
大崎 元

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター