事業内容・実績の詳細

シンポジウム『地域「子ども安全」活動の評価と改善』

日時 2012年2月19日(日)14:00~17:00
場所 東京大学・弥生講堂セイホクギャラリー
主催
  • JST犯罪からの子どもの安全研究開発プロジェクト
    「計画的な防犯まちづくりの支援システムの構築」評価改善グループ
  • 社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ
後援 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、警察庁
内容
  • 地域「子どもの安全」活動の意義 守山 正(拓殖大学政経学部教授)
  • JSTプロジェクトの趣旨と地域安全の考え方  山本俊哉(明治大学理工学部教授)
  • 地域における女性・子ども安全対策班の活動 宮城直樹(警察庁生活安全企画課長) 
  • 奈良市富雄北小学校の活動と評価 瀬渡章子(奈良女子大学生活環境学部教授)
  • 地域安全活動をどのように評価するか
    リチャード・ウォートレイ(ロンドン大学ジル・ダンドー犯罪科学研究所)

司会 守山 正

備考 通訳あり
参加費 無料
対象 専門家やまちづくり関係者向け(大学研究者、自治体・警察関係者など)

盛況のうちに、開催終了いたしました。後日、セミナーの模様をご紹介いたします。

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター