事業内容・実績の詳細

当法人の山本俊哉代表理事と森脇環帆事務局長が日本不動産学会賞と都市住宅学会賞をダブル受賞

一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズの山本俊哉・代表理事と森脇環帆・事務局長が2021年度日本不動産学会賞・著作賞(学術部門)と2021年度都市住宅学会賞・著作賞を受賞し, それぞれ11月27日と12月11日に開催された各学会大会で表彰されました。

 受賞した研究成果は、東日本大震災において甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市を対象に震災直後から10年間に渡る応急仮設住宅の暮らしを実証的かつ学際的に研究した学術書『仮設住宅 その10年 -陸前高田における被災者の暮らし-』 (御茶の水書房, 2020年12月)です。本書は, 仮設住宅の建築性能, 仮設コミュニティ, 健康状態の変化, 被災者のレジリエンス, ボランティアやNPOなどによる外部支援など, 被災者の仮設住宅における暮らしそのものを多角的に捉え, 住宅再建と地域再生を目指した被災者自身の不動産の取り扱いや土地利用と資産をめぐる葛藤を即地的に描き出しました。そして,仮設住宅を単に一時的な生活の場としての居住空間を問題にするだけでなく, 地域再生の大きなプログラムやプロセスの一部としての仮設住まいの段階における居住と住宅再建に向けた被災者の主体的な活動, それを支える不動産や都市計画などの社会システムについて, 豊富かつ有用なデータをもとに, そのあり方を問うています。
 東日本大震災に関連する書籍は多数ありますが, 専門分野を超えた学際的な研究体制で特定のフィールドを対象とした調査をベースにしたものは決して多くありません。本書は, 仮設住宅生活が長期に及んだ大規模な復興事業について他市町村と比較・検証してその問題と課題をあぶり出しており, 丹念な調査・活動によって蓄積された研究成果の資料的価値だけでなく, 今後の復興計画のあり方を論じる上で学術研究上有用な知見を明らかにしていることも高く評価されました。
 なお, 本書では, 当法人が全国各地で普及活動を進めている「逃げ地図」づくりワークショップが仮設住宅生活期に住宅再建と地域再生に向けた被災者主体の取り組みとして陸前高田市内各地で取り組まれたことが紹介されており, 特に広田町では森脇環状帆事務局長がアートと防災教育の要素も加えたことで, 著者グループが震災直後から住宅再建と地域再生に向けて継続的に支援してきた田谷地区集団移転協議会が総務省の防災まちづくり大賞・消防庁長官賞を受賞するなど, 研究だけにとどまらない被災地支援活動も高く評価されていることも付け加えておきます。 

「仮設住宅 その10年 -陸前高田における被災者の暮らし-」御茶の水書房
http://rr2.ochanomizushobo.co.jp/products/978-4-275-02127-4

日本不動産学会賞受賞写真

日本不動産学会表彰状

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター