事業内容・実績の詳細

RISTEXシンポジウムにて逃げ地図ワークショップを紹介

(国研)科学技術振興機構社会技術開発センター「コミュニティがつなぐ安全・安心な都市・地域の創造」研究開発領域主催の第4回公開シンポジウム「コミュニティレジリエンスを高める社会技術—防災・減災を目指す地域の「参画」と「我がこと意識」—」にて、逃げ地図WSを体験型で紹介しました。

会場の前方スペースに旧下田市街地のベースマップを2枚広げました。そして、会場から12人が参加し、実際に逃げ地図づくりを行いました。説明を聞きながら前に出た参加者が色ぬりやコメントを貼り付け、逃げ地図を作り上げて行きます。その様子はモニターで画面に映し出されます。さらに、会場の傍聴者にもA3サイズのミニ地図と革紐、色鉛筆を用意。前の画面や説明を聞きながら色ぬり体験をしてもらいました。参加者は実際に地域で逃げ地図づくりを行う時の雰囲気になりきってもらうために、役割を与えてロールプレイ風にしました。役割は「1.リーダーシップとれない町会長、2.ママ友のみ付き合う主婦、3.もう逃げないと主張する足の弱いおばあさん、4.怒りっぽい頑固なおじいさん、5.反抗期を迎えた中学生女子、6.スポ少、塾で忙しい小学生男子」です。これらの人が逃げ地図を作ったらどのような意見がでるか、を想像しながら作業をしてもらいました。

「避難場所からの時間と距離が表現されていく」ことに気づくことができれば、皆さん理解を深めて作業をすることができていました。逆にそこに気づかせることが逃げ地図づくり導入のポイントとなります。

日時 2017年3月3日(金)
場所 東京大学情報学環・福武ホール ラーニングシアター
主催 (国研)科学技術振興機構社会技術開発センター「コミュニティがつなぐ安全・安心な都市・地域の創造」研究開発領域
協賛 新建新聞社 リスク対策.com
参加者 約200人
逃げ地図プロジェクトチームからの参加者
  • 木下勇(千葉大学大学院園芸学研究科教授 子ども安全まちづくりパートナーズ理事)
  • 山本俊哉(明治大学大学院理工学研究科教授 子ども安全まちづくりパートナーズ代表理事)
  • 重根美香(子ども安全まちづくりパートナーズ理事・事務局長)
  • 寺田光成(千葉大学大学院)
  • 森脇環帆(明治大学大学院)
  • 山中盛(明治大学大学院)
  • 小林雅也(明治大学)
作業の様子がモニターに映し出されます

作業の様子がモニターに映し出されます

前にでた参加者は逃げ地図づくり体験

前にでた参加者は逃げ地図づくり体験

傍聴者もミニ地図で色ぬり体験

傍聴者もミニ地図で色ぬり体験

出来上がった逃げ地図。避難ビルに逃げられるパターンと逃げられないパターンで比較をしました

出来上がった逃げ地図。避難ビルに逃げられるパターンと逃げられないパターンで比較をしました

ツール・ド・三陸 〜サイクリングチャレンジ2012〜 in りくぜんたかた

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター