事業内容・実績の詳細

曽谷「『かけこみ110番の家』シアター」

2010年11月6日、曽谷小学校にて、演劇ワークショップ「『かけこみ110番の家』シアター」を実施しました。

演劇の手法をまちづくりのためのワークショップに取り入れるという試みがあります。地域の人が自ら演劇に参加することで、まちづくり関連の知識を身につけたり、ビジョンを共有するというものです。


これを子ども対象に実施すれば、演劇の持つ「状況を疑似体験する力」が効果的に発揮され、楽しく知識の習得や意識の向上がおこなえるのではないか。子ども安全まちづくりパートナーズでは、そのような観点から、子どもたちに「110番の家」について伝えるための演劇ワークショップを実施しました。千葉県市川市の曽谷小学校周辺地区防犯まちづくり委員会曽谷小学校PTAの委託を受けた事業です。


曽谷小学校では毎年「ふれあいフェスティバル」という、子どもたちのためのお祭りを開きます。今年は11月6日(土)でした。演劇ワークショップ「『かけこみ110番の家』シアター」は、その一環としておこなわれました。


子どもたちが危険を感じたときに助けを求めるための「110番の家」は、全国各地で実施されています。細かい名称などは地域ごとに異なり、曽谷小学校周辺地区では「かけこみ110番の家」として実施されています。下の写真のようなステッカーが貼られ、それとわかるようになっています。


「かけこみ110番シアター」の目的は、子どもたちにかけこみ110番の家についてよく知ってもらい、いざというとき助けを求めることができるよう、疑似体験の場を提供することです。紙芝居仕立ての説明で知識を身につけたあと、子どもたち自身が助けを求める演技をしてみるという構成です。


企画は防犯まちづくり委員会メンバーである曽谷小学校PTA役員本部、委員会をバックアップする「子ども安全まちづくりパートナーズ」メンバーの重根美香(明治大学理工学部都市計画研究室研究員)橘たか(世田谷社)が企画を立てました。演出・出演は演劇ファシリテーターのおきなお子氏。演劇とまちづくりを結びつける「えんがわカンパニー」を主催しています。


かけこみ110番シアターの会場は、廊下の一部が広がったような形のフリースペース 。廊下との境目がないので、フェスティバルを楽しむ子どもたちがにぎやかに行き来します。
シアターの開始は呼び込みから。「紙芝居はじまるよ?」の声に廊下を通る子どもたちが立ち止まり、興味を持った子が紙芝居の前に座ります。


子どもが不審者に遭遇する場面から、紙芝居は現実につながります。紙芝居を読む人の誘導で子どもたちが視線を動かすと、そこには不審者が。


子ども役のスタッフが登場し、実際にチャイムを押して家の中の人に助けを求めてみせます。


そのあと、「やってみたい人」と呼びかけ、手を挙げた子が助けを求める演技を体験します。


二時間のフェスティバルの間、紙芝居+演劇体験のセットを十回繰り返しました。合計約八十人の小学生が参加しました。

曽谷小学校周辺地区防犯まちづくり委員会で運営している「曽谷小学校子ども安全ホームページ」にも記事を掲載しています。


このワークショップの実施を通して、子どもの興味を引くしかけ、演劇のプロではないスタッフが実施するためのポイントなど、子ども向け演劇ワークショップに関する有益な知見を得ることができました。「防犯まちづくりのヒントとガイド」にも反映する予定です。


(文責・松本早野香(明治大学理工学部都市計画研究室研究員)

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター