事業内容・実績の詳細

明治大学復興まちづくりシンポジウム「子どもたちと災害・復興まちづくりを考える」

machidukuri

子どもは地域の宝であるが、災害時には大きなしわ寄せを受ける。特に東日本大震災のような大規模災害においては顕著である。本シンポジウムでは、被災した子どもたちをめぐる課題を共有するとともに、防災・復興まちづくりに関する子どもたちの可能性について議論する。

日時 2015年4月25日(土)午後1時30分〜2時45分
会場 明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン2階A2-3ホール
講演内容
  • 講演1「原発事故からの広域避難と家族の置かれた状況について」
    松田曜子(関西学院大学災害復興制度研究所准教授)
  • 講演2「被災地における子ども参加によるまちづくりの可能性と課題」
    津田知子(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 東日本大震災復興支援事業部副部長)
  • 講演3「子ども参加の逃げ地図づくりの可能性」
    山本俊哉(明治大学理工学部教授)
  • パネルディスカッション「復興まちづくりに関する子どもたちの可能性」

モデレーター:山本俊哉(明治大学理工学部教授)

主催 明治大学理工学部建築学科都市計画研究室
共催 復興まちづくり・リレーイベント2015「災害に学ぶ/備える/語りつぐ」実行委員会
後援 明治大学震災復興支援センター
協力 一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ
NPO法人 復興まちづくり研究所
参加費 500円(資料代)、参加申し込み不要

>>ポスターはこちら(PDF)

問い合せ先:明治大学理工学部建築学科都市計画研究室 担当:茂野夏実
044-934-7390(tel&fax)  http://www.isc.meiji.ac.jp/~onepiece/

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター