事業内容・実績の詳細

明治大学科学技術研究所「東日本大震災からの復興」シンポジウム 開催のお知らせ

テーマ:「震災復興事業をめぐる今後の課題」

東日本大震災から3年半を経過し、被災地では復興事業が本格化しつつあるが、住民との合意形成の不備や建設費の高騰等により、防潮堤や区画整理事業の規模を見直す動きが見られる。そこで、三陸沿岸の各地域の計画や事業の見直しに関係してきた3名の建築家・都市プランナー・都市デザイナーをお招き、明治大学客員教授とともに議論し、今後の課題をあぶり出す。

日時 2014年11月19日(水)18:30〜20:30
会場 明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン2階 A2、A3会議室
主催 明治大学科学技術研究所
共催 明治大学大学院理工学研究科新領域創造専攻安全学系、
明治大学大学院理工学研究科建築学専攻
後援 明治大学震災復興支援センター、NPO法人日本都市計画家協会
一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ
講師(敬称略) 野崎隆一(NPO法人神戸まちづくり研究所事務局長)
宇野健一(アトリエU都市・地域空間計画室 代表)
渡会清治(NPO法人日本都市計画家協会副会長)
鈴木浩(明治大学客員教授、福島大学名誉教授)
鈴木俊治(明治大学客員教授、ハーツ環境デザイン代表取締役)
プログラム 18:40〜19:40
講演1 野崎隆一「阪神・淡路の経験は役に立ったか」
講演2 宇野健一「宮城県女川町の震災復興事業の見直し計画」
講演3 渡会清治「3つの地区での活動から/復興の姿は社会の姿」
19:40〜20:25 パネルディスカッション
コメンター:鈴木浩  モデレーター 鈴木俊治
会費 無料(学外参加者可、申込不要)
問い合わせ先 明治大学都市計画研究室 担当:大成由里子
tel:044-934-7390
http://www.isc.meiji.ac.jp/~onepiece/

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター