事業内容・実績の詳細

秩父市セーフコミュニティ「聞き書きマップ」を使って子どもや高齢者の視点から秩父の市街地を安全点検 開催報告

平成26年9月6日(土)、秩父市セーフコミュニティ推進協議会(会長:秩父市長)が、「国際基準の安全な学校・地域づくりに向けた協働活動支援」プロジェクトグループ(代表者:明治大学教授、一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ 代表理事 山本俊哉教授)との共同により実施する、市街地の安全点検に、当法人が協力します。
インターナショナルセーフスクールの実施地区である「秩父第二中学校区」を中心に、明治大学や科学警察研究所等の協力を得ながら、「聞き書きマップ」を活用した現地調査を実施し、子どもと高齢者の視点からの地域安全マップが、ワークショップ形式で作成されました。

日時 2014年9月6日
主催 秩父市セーフコミュニティ推進協議会
「国際基準の安全な学校・地域づくりに向けた協働活動支援」プロジェクトグループ
協力 明治大学理工学部 都市計画研究室
科学警察研究所 犯罪行動科学部
一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ

参加者からのコメント

安原元樹(中央大学総合政策学部4年)

chuo_yasuhara

↑傘を差しながら車いすでまちあるき

普段私は大学で総合政策を学んでおり、都市計画やまちづくりとは縁遠い学生でした。そのため今回の聞き書きマップに参加する際には大きな不安を持っていました。しかし実際に聞き書きマップを使って町へ出てみると、非常に簡単に町の安全点検が可能なことがわかりました。
私たちは車いすへ乗って出かけましたが、段差や坂など車いすにとっての障害が多く見つかり、記録する場面が多々ありました。しかし聞き書きマップを使えばメモ要らず、写真を撮ってしゃべるのみで記録が可能です。また途中から大雨が降ったのですが、傘を差しながらでも難なく安全点検をすることができました。
データの読み込み時に苦戦した部分もありましたが、危険な個所が即座に可視化され非常にわかりやすかったです。聞き書きマップを使って、年齢を問わず幅広い方々が気軽にまち歩きを行っていた様子が非常に印象的でした。

亀井一得(明治大学大学院 新領域創造専攻 博士前期課程2年) 

meiji_kamei

↑車いすが通れる幅があっても
引き返すことができない場所は非常に多い。

 子ども、高齢者、車いすなどのかたの移動を想定し、普段の生活と目線を少し変えて街を観察したことで、日常生活では気づかなかった街の姿が見えてきた。健康な成人にとっては些細なことかもしれないが、地域住民全体のことを考えた、理想の街にするには今の姿でいいのだろうか、そんな議論が聞こえてきた。この気付きがまちづくりに反映されるように、地域の方が自ら作成した安全安心マップを、住民間で共有できたことはとても有意義な活動だった。FBも今後のまちづくりに今回の成果を反映させたいという声が多く、多くの共感を生む地域全体のためのマップになったのではないかと感じた。
今回は「聞き書きマップ」を使用した。参加者の力量に左右されないインプットとアウトプットが保証されることが、より自由な議論を可能にした。安価な機材さえ揃えることができれば、どの場所でも同様のWSが行うことができる準備いらずの画期的なツールだと感じた。今後様々な地域で活用が進み、成果がアーカイブス化されて行くことを期待したい

小林大祐(明治大学 理工学研究科 都市計画研究室 修士1年)

meiji_kobayashi

↑一目では分かりづらい危険性の高い交差点

今回行った「聞き書きマップ」という手法は特別な専門的予備知識を必要とせずに地図上にまちの危険箇所や注意箇所を表示し視覚化することができるという点で、安全安心まちづくりに対し非常に有意義な手法であるように感じられた。また今回、雨が降る中で聞き書きマップ作りが行われたことで、手に何も持たずに行えるという利点がより感じられた。
ワークショップを体験し、その手法としては様々な方法があるように思えた。今回は個人が持ち歩いたボイスレコーダーを元にコメントの作成を行ったが、これには所持者個人発言しか記録できていなかった。そのため私達のグループでは写真、GPS、音声記録等を参考にし、コメント作成時に再度グループ内で話し合いを行った。この話し合いの中で、より濃い情報が引き出され、情報の共有がさらに深まった。
聞き書きマップづくりを行うこと自体も安全安心まちづくりに対し有用なことであるように感じられた。

堤内杏奈(中央大学 経済学部 国際経済学科4年)

chuo_horiuchi

↑歩道でも傘をさすと車にあたる危険がある

私は花の木小学校の子供達、そのお母様、そして小学校の先生方2名、市役所に勤めていらっしゃる職員の方と共に聞き書きマップの作成を致しました。市役所から出発したときは、聞き書きマップのやり方を戸惑っているようで、あまり道の危なさや普段の思いを出してもらえませんでした。しかし段々と道を進め、話を広げていくうちに、意見を話してくれるようになりました。普段危ないと思っている意見はもちろん、友達、母親、先生、市役所の職員さん、大学生が混じることによって危ないとは気づかなかった何気ない場所に、危険な場所を見つけることができたのではないかと思います。加えて、今後も気をつけようという意識が芽生えたのではないでしょうか。様々な年代の人が聞き書きマップに参加することによって、歩行者、自転車、車の運転手のどの人がではなくお互いの意見を聞く事ができ、同時に意識付けできることは本当に有意義なことではないかと感じました。

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター