事業内容・実績の詳細

清水小学校PTA主催 まちの安全点検マップづくりワークショップ 運営支援報告

このワークショップは、厚木市立清水小学校PTAが主催し、成果統合型社会実装プログラムの一環として、RISTEX「犯罪からの子どもの安全」研究領域に係る2つのプロジェクトと子ども安全まちづくりパートナーズが連携してワークショップ運営支援をしました。

関係プロジェクト

主催 清水小学校PTA
日時 2013年6月1日(土)
場所 清水小学校
対象 子ども(1〜6年生)50人、校外委員17人、保護者+先生+地域の方(約25名)
テーマ まちの安全点検マップづくり(午前中講義、午後まち歩きとマップづくり)
講師 山本 俊哉(弊社 理事長・明治大学理工学部 教授 博士(学術)) 原田 豊(科学警察研究所 犯罪行動科学部長 博士(犯罪学))
ワークショップ・スタッフ 橘 たか(弊社研究員)、重根 美香(弊社事務局長 博士(環境学))
ワークショップ・アシスタント 明治大学 学生

ワークショップの特徴

このワークショップは、PTAが中心となり、小学生1~6年生、保護者、教職員、地域のボランティアが一緒になって行いました。マップは、子どもマップと大人マップの2種類のマップを作りました。

子どもマップのほかに大人マップも同時に作成することにより、子どもと一緒に点検するには危険な個所もチェックすることができました。発表時には、子どもマップだけでは把握しきれない情報も共有することができました。

レクチャー(お話)

【お話(1) 地図を使って地域を知ろう!】

地図にはいろいろな機能があることについて、お話を伺いました。また、今回のマップづくりでは、大人マップと子どもマップの2種類を作成することについても紹介がありました。

【お話(2) まちあるきの「チェック項目」を知ろう!】

まちあるきでチェックするポイントについて学びました。「あぶない」「ヒヤッと」などの危険だけでなく、地域の見守り活動(愛の目運動)や子ども110番の家(かけこみポイント)を「あんしん」のポイント、また小学生が好きなところを「たのしい」ポイントとするチェック項目の紹介もありました。

まちあるき・マップづくり

子どもマップ

「防犯まちづくりのヒントとガイド」の安全マップづくりを参考にまちあるき・マップづくりをしました。

午前中はメモとカメラを持って、お話(2)で学んだ「あんしん」「たのしい」「あぶない」「ヒヤッと」の項目について点検しました。途中で、かけこみポイントの家に訪問したり、道行く人にインタビューをしたりと、まちの人にお話を積極的に伺いました。

また、まちあるきから帰ってきた後、すぐに一番印象に残っていることを絵に描いたり、感想や提案を書いたりしました。この過程で、チェックしてきた状況の報告だけでなく、子どもからの提案もマップに反映することができました。

お昼を挟んで、マップづくりを行いました。午前中に取ってきた写真、メモの内容、絵にした印象に残ったこと、感想などを全員で共有しながら、大きな地図に貼っていきました。シールを使ったり、メモをなるべく大きな文字に書き直したり、用紙や色を工夫したりと、各グループで工夫して見やすく伝わりやすいマップづくりを目指しました。また、多くの人に見てもらえる楽しいマップを目指して、イラストや色紙、モールなどで飾りつけもしました。

大人マップ

まちあるき記録作成支援ツール「聞き書きマップ」 ※1を使ってまち歩きをしました。

聞き書きマップのまちあるきで必要な機材は、GPS受信機(ロガー)、ICレコーダー(録音機)、デジタルカメラの3つです。
GPS受信機、ICレコーダー、デジタルカメラそれぞれでとったデータを「聞き書きマップ」ソフトに入力すると、地域のどこを歩いたかとカメラの撮影位置が地図上に示されます。入力後に「聞き書きマップ」ソフトを使うと、デジタルカメラで撮影した時間まで録音が自動的にジャンプするので、写真を撮った時間付近の録音を聞くことができます。

そして音声のコメントを文字に起こし、それを出力すると下の写真のような地図ができあがります(もちろん、パソコンの画面上でも見られます)。

まちにでて、実際にデータ収集も行いました。デジタルカメラ以外はすべてポケットに入れているので手ぶらで歩くことが出来ます。雑談も交えながら楽しく回りました。

戻ってきてから、明治大学の学生と講師の原田先生がデータをパソコンに取り込みます。そして、聞き書きマップのソフトを使うと、まだ文字は入っていませんが、地図にルートと写真が配置され、プロジェクターを使ってみんなで地図を見ることができました。

子どもマップと大人マップの発表

最後に子どもマップ、大人マップの両方の成果が発表されました。子どもマップは、グループ全員が壇上に上がり、ワークショップの感想やマップづくりを通して気づいた点などが発表されました。

大人マップも発表され、子どもがまちあるきするには危険な個所についてもチェックしてきた状況の報告がありました。

終わりに

このワークショップは、実装プロジェクトの一環のモデルワークショップとして実施支援をしました。今後、子どもと大人の新しい安全マップづくりをパッケージ化し、実装していく予定です。

(報告:重根美香・橘たか)

補注

※1『聞き書きマップ』は、平成19年度~平成23年度にかけて行われた、国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センターの資金による研究プロジェクト「子どもの被害の測定と防犯活動の実証的基盤の確立」(研究代表: 原田豊(科学警察研究所))の一環として開発されたものです。同プロジェクトの終了後は、任意団体「予防犯罪学推進協議会」に受け継がれ、同協議会の運営する研究成果物公開サイト「子どもの被害の測定と防犯活動の実証的基盤の確立」(http://www.skre.jp/)からダウンロードして使っていただくことができます。
『聞き書きマップ』を活用した研究や実践などの成果を論文等で公表する際には、下記の出典を明示してください。
原田豊ほか(2011)「流し録り音声による野外調査記録作成支援ソフトウェアの開発」, 一般社団法人 地理情報システム学会講演論文集CD-ROM Vol.20.

ツール・ド・三陸 〜サイクリングチャレンジ2012〜 in りくぜんたかた

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター