「子ども110番の家」シアター(グループワーク版)

紙芝居と演劇で楽しく「子ども110番の家」を知ることができるプログラムです。
グループワークで子どもたち自身が考え、疑似体験することにより、体感的に学べます。

世田谷区太子堂地区で行ったワークショップの模様→
詳細はこちら

目的

「子ども110番の家」について、よく知ってもらう

特徴

まちの中にある身近な存在として、「子ども110番の家」を認識し、具体的な「危機」場面を体で覚える学びのワークショップ。地域の実情に合わせたオリジナルの紙芝居を見た後、自分たちで考えた対処法を実際に演じてみます。この擬似体験により、危険について体感的に学ぶことができます。シアター終了後は、今後もお使いいただけるようにオリジナルの紙芝居を台本とともにお渡しいたします。
また、オプションとして、安全マップづくりやポスターづくりを追加することができます。(安全マップづくり 作った大きな地図は、そのまま小学校等に掲示するなどのご活用が可能です)

 

時間 90分 (マップづくりオプションを含めると120分)
定員 8~40人(人数に応じてプログラムします)
対象 小学3年生以上
ご準備いただく
もの
  • 会場(小学校の教室以上のスペース)
  • 紙芝居の枠(マップ作りをする場合は、小学校区の地図、子ども110番の家の位置図)

ご導入例

  • 小学校の授業として(授業2コマ~3コマ、夏休みのワークショップ)
  • 学童での企画として
  • 地区のこども向けイベントの一環として

導入実績

  • 市川市曽谷地区「紙芝居+擬似体験」10分程度×6サイクル(全学年対象)
  • 世田谷区太子堂地区「紙芝居+演劇グループワーク+ビデオ+マップづくり」120分(中~高学年対象)

プログラム

  • アイスブレーク
  • 110番の家ゲーム・声を出すゲーム
  • 演劇グループワーク
  • (オプション)安全安心マップづくり ポスターづくり

ご導入スケジュール

※おおむね2か月前までにお申し込みください

60日前

イベント趣旨等の確認のお打ち合わせ

  • イベント等の趣旨の確認
  • 保護者へのヒアリングの日程調整
    (身近な事例や学校で注意していることを盛り込むために必要です)
40日前

プログラム詳細のご提案

  • プログラム詳細のご提案と決定
7日前

当日の詳細確認のお打ち合わせ

  • 会場の確認
  • 機材の確認

ツール・ド・三陸 〜サイクリングチャレンジ2012〜 in りくぜんたかた

ウィンの希望のものがたり

関連サイトのご紹介

  • 市川市曽谷小学校区 子ども安全ホームページ
  • 市川市稲荷木小学校周辺地区 子ども安全ホームページ
  • 親子で一緒に考える 子ども安全ホームページ
  • 犯罪からの子どもの安全
  • ristex 社会技術研究開発センター